社員教育の方法

社員教育の方法として一般的なのは社内の人材を使って行う方法です。しかし、専門業者にアウトソーシングして実施することもできます。それぞれの特徴を理解した上で、どちらを選んだら良いかを判断できるようになりましょう。

自社教育をするメリット

外部の講師に社内教育をお願いする場合、一般的な常識や対応、マナーなどは有効かもしれません。ですが、実際に会社の仕組みや社内目標、方針といった細かな理解を教育する際には、自社教育の方が優れているのは…

アウトソーシングするメリット

大卒の新入社員は3年以内に3割の人が、離職するというデータが出ています。また「働き方改革」などによって、労働環境は絶えず変化しています。それゆえに人材の育成や定着、一人当たりの生産性を上げるために…

ケーススタディからわかる選び方のコツ

社員研修のひとつに、セミナーや外部から講師を招いての研修があります。そこでは、直接業務に結び付く内容ではなく、社会人としての心構えや立ち振る舞いなど、どこの業種・職種でも通用する考え方の基礎を学ぶ…

社員教育のコスト

社員教育をするときには自社教育をしてもアウトソーシングで行ってもコストがかかります。どちらにするかを選ぶときにはコスト計算をしてみるのも大切です。コストパフォーマンスを上げるための基本として考え方を学んでおきましょう。

社員教育のコスト計算

社員教育にどれだけのコストがかかるのかを計算するときには人件費に十分に注意しなければなりません。講師を招聘してセミナーを行うというときには人件費が追加で発生します。しかし、外部の人材を呼ばなかった…

社員教育のパフォーマンスとは

社員教育を実施した意味があったかどうかを判断する上でコストパフォーマンスの評価がよく行われています。コストについては人件費や備品のレンタル費、会場費などを合算すれば計算できますが、パフォーマンスは…

コストパフォーマンスを計算しよう

コストカットを図るなら職場内での研修を中心に実施しよう

社員教育のコストを節約するにあたっては、集合研修の回数をなるべく少なくして、各部署の職場内での研修を重点的に行うことがポイントです。また、コストパフォーマンスのを計算して充実した研修を企画するには、人当たりの良い先輩社員を教育担当者に指名したり、個々の社員に対して教育プログラムを用意したりすることがおすすめです。最近では、様々な企業の職場内の研修の取り組みについて、色々な媒体で紹介されることがあります。そうした中、可能な限り実務に即した研修の計画を立てるにあたり、必要に応じて同業他社の研修の事例を中心に調べてみると良いでしょう。その他、人事と経理の担当者がこまめに連絡を取り合って、研修のコストについて積極的に意見を交わすことも大切です。

パソコンを利用した研修を多く取り入れよう

パソコンを利用した社員教育は、特殊なスキルの習得にはあまり向かないものの、教育のコストの節約効果が高いだけでなく、仕事中に手が空いたときや休憩中に興味がある分野の学習ができるといった利点があります。最近では、新人研修だけでなく中堅社員や管理職の研修に役立つパソコン用の教材も続々と登場しており、人材育成に役立つツールとして多くの企業で導入が進んでいます。 また、こうした研修の効果は、学習時間やパソコンのスキル、過去の実務経験などに影響を受けることがあります。そのため、コストを節約しつつ有意義な研修を実施するうえで、定期的に一人ひとりの社員との面談を行ったり、管理職に日々の部下の仕事ぶりについてアンケートを取ったりして、今後の社員教育の参考にすることが大切です。

© Copyright Employee Education Consultant Jobs. All Rights Reserved.