社員教育のコスト計算

社員教育の人件費に注意しよう

社員教育にどれだけのコストがかかるのかを計算するときには人件費に十分に注意しなければなりません。講師を招聘してセミナーを行うというときには人件費が追加で発生します。しかし、外部の人材を呼ばなかったとしても人件費によるコストが発生してしまうのが社員教育の特徴です。社員教育をしている人も受けている人も、その間は本来行うべき業務を遂行できません。そのため、その時間は生産的な活動ができないものとして考えなければならず、時間の長さに比例した人件費が浪費されていると考える必要があるのです。だからこそ、誰がどのような教育をどのくらいの時間をかけて受けなければならないかをよく考えた上で実施する必要があります。

教育方法により異なるコスト

人件費以外のコストがどれだけかかるかは教育方法によってかなり違いがあります。大勢の社員を一箇所に集めて講義を受けさせる場合には会場費が必要です。昼をまたいで実施する場合には弁当代や飲み物代も確保しておくことになるでしょう。グループワークなどをする際には備品を調達する費用もかかります。また、eラーニングを使う場合にはテキストの作成費用なども考慮しなければなりません。どんな教育方法にするかに応じてどこでコストがかかるかは個々に考えなければならないので、新しい方法を取り入れるときには十分に注意しましょう。効果測定をして分析評価するのも社員教育では欠かせないことです。そのためにかかるコストも合わせて計算するのが肝心です。

新人研修とは、新入社員を会社の経営に役立つ人材に育てるためのものです。ビジネスマナーやOAスキルなど、業務で役立つ知識の教育が行われます。

© Copyright Employee Education Consultant Jobs. All Rights Reserved.