自社教育をするメリット

自社の詳細を的確に伝える教育方法

外部の講師に社内教育をお願いする場合、一般的な常識や対応、マナーなどは有効かもしれません。ですが、実際に会社の仕組みや社内目標、方針といった細かな理解を教育する際には、自社教育の方が優れているのは、言うまでもありません。それは、自社で行う研修の大きなメリットの一つでもあります。外部の講師に会社の詳細を明かす必要もありませんし、事前の打ち合わせをする必要もありません。しかも、こちらの意図がきちんと外部の講師に伝わるかどうかの保障もありませんよね。 社内の事に熟知している社員が講師となるのですから、もちろん、費用面も心配する必要がありません。研修できちんと社内の目標や指針などを教育するには、社内の熟知した人間が講師になることの方が確実で、有効な手段でしょう。さらに、講師となった社員にとっても、成長の場となる事は間違いありません。

社員同士が意識を高め合える教育方法

特に、講師となる社員が同じ部署の社員である必要もありません。社内研修は他部署の社員との関わりを作ることも出来ます。最終的な目標に各部署がそれぞれの役割を担って、同じ方向に向かっていることを再確認する場ともなるでしょう。
また、研修を受ける社員にとっても、外部の人間に教育をされるよりも、より身近な存在である先輩社員の講師から話を聞くことで、研修内容をスムーズに受け取り、理解することが出来るでしょう。

会社の具体的な内容を、より詳細に伝える事が出来るのは、自社教育しか出来ない最大のメリットと言えます。自社教育は研修を行う側も受ける側も、形式にとらわれることなく、各々の成長を期待できる研修方法になるでしょう。

© Copyright Employee Education Consultant Jobs. All Rights Reserved.