ケーススタディからわかる選び方のコツ

OFFJTで社員として在り方を理解する

社員研修のひとつに、セミナーや外部から講師を招いての研修があります。そこでは、直接業務に結び付く内容ではなく、社会人としての心構えや立ち振る舞いなど、どこの業種・職種でも通用する考え方の基礎を学ぶことが中心です。そのため、新入社員に対して実施することが多く、学生気分から早く脱却させるためにも重要な研修となっています。スキルは、経験を積んでいくとある程度は身についていきますが、人間力の部分では、意識して取り組んでいかないと簡単には高めることはできません。間違った考え方を持ったままでいると、自分が成長できないばかりか、会社に損害を与えてしまう可能性もあります。OFFJTは、社員としての在り方を理解させて、今後の人材育成につなげるためにも有効な手段となります。

OJTを利用して即戦力を育てる

一方、会社によっては即戦力を求めているところもあります。その場合は、OJTを利用すると効率よく社員教育を進めていくことができます。単純作業や、繰り返しの業務が多い部門だと、実際の業務に沿って物事を教えていくことによって即効性が期待できるでしょう。上司が部下に様々な仕事を教えていくときにOJTを利用することが多く、業種・職種を問わず使われている社員教育のひとつです。接客業やサービス業など、お客様の相手をする職種のときは特に重宝されていて、入社したばかりの従業員も成果を上げやすくなっています。ただし、臨機応変に対応できる術は身につかないので、マニュアルがなく自分が考えて動かないといけない職種は少し不向きな教育方法です。

© Copyright Employee Education Consultant Jobs. All Rights Reserved.