アウトソーシングするメリット

社員教育に悩むならアウトソーシングしてみよう

大卒の新入社員は3年以内に3割の人が、離職するというデータが出ています。また「働き方改革」などによって、労働環境は絶えず変化しています。それゆえに人材の育成や定着、一人当たりの生産性を上げるために、「社員教育」は欠かせません。
しかし、どのように社員教育を行えば良いのでしょうか?

社員教育における成功とは、「会社の利益に貢献できる人材を育成すること」です。人への投資ですから、教育は必要です。けれど、時間や費用は限られています。さらに結果がでなければ、意味がありません。社員教育には色々な方法がありますが、効率よく成果を得たいなら、「アウトソーシング」を活用してみてはいかがでしょうか?適切な研修を行えますし、フォローアップも充実しています。

アウトソーシングのメリット

社員教育を、アウトソーシングにするメリットは、優れた講師を選べることです。教育者の確保に、悩むことがなくなります。また、研修カリキュラムなど、ノウハウがあるので質の高い研修が受けられます。
さらに、スケジュールが組みやすいこと。会場の設営や昼食の手配など、手間が省けます。そして、結果を見ることができます。アンケートや様々なツールで検証できます。フォローアップもあり、再度振り返るための研修もあります。セミナーやオンライン・e-ラーニングなど、望む方法を選べるのも魅力的です。

これだけのことを全て自社で、行うとしたら大変ですよね。効率よく結果を出したいなら、専門家に頼む方が確実です。
専門的な技能は自社で、ビジネスマナーなど一般常識や、パソコンスキルなど基本的な技能は、アウトソーシングと使い分けるのも手ですね。うまく活用しましょう。

© Copyright Employee Education Consultant Jobs. All Rights Reserved.